最新の投稿記事

3d printed robot jarvis

あなたのロボットはどこ?3Dプリンティングに注目!

日常生活に溢れる些細で、繰り返し行わなければならない作業を、私達人類のためにやってくれる機械があったらどうでしょう?『2001年宇宙の旅』に登場するHAL9000はさておき、ロボット工学は、製造工程の改善(特に車の組み立て作業にて力を発揮)から宇宙探検に至るまで、ありとあらゆる分野で役に立っており、今日の社会ではとても有益な存在となっています。そしてほぼどんな形状や形式でも、アディティブマニュファクチャリングによって、ロボット工学はより効果的に、より革新的になってきています。即座にデザインのフィ … [さらに読む...]

bodock giant creature

Stratasys の3Dプリントを使用して作られた、高さ4mのキャラクターがコミコンでうなりを上げる

  Stan Winston School of Character Artsのデザインの才能、Legacy Effectsのクリエイティブな専門技術、そしてStratasys 3Dプリントの3つが統合されると、何が得られるでしょうか?その答えは、ABCのジミー・キンメル・ライブでデビューしたばかりの、歩けて話せる高さ4mの巨大なクリーチャー、Bodockです。 Bodockは、カリフォルニア州サンディエゴで7月24日(木)~27日(日)に開催された、コミコン·インターナショ[さらに読む...]

Playsentation

3D プリンティングが Barry Kudrowitz(マサチューセッツ工科大学卒業生)主催の UMN おもちゃ製品設計クラスで創造性を解き放つ

Mac Cameron 著 Stratasys アソシエートアプリケーションエンジニア Barry Kudrowitz(マサチューセッツ工科大学卒業生で発明家)が教鞭を取るミネソタ大学のおもちゃ製品設計クラスは、「PLAYsentations」 と呼ばれるイベントを毎年主催しています。 「PLAYsentations」とは、同大学の学生らが考案したおもちゃの劇場デモンストレーションとライブデモンストレーションを組み合わせたプレゼンテーションセットです。 学生らは、UMN キャンパス … [さらに読む...]

注目の投稿記事

bodock giant creature

Stratasys の3Dプリントを使用して作られた、高さ4mのキャラクターがコミコンでうなりを上げる

  Stan Winston School of Character Artsのデザインの才能、Legacy Effectsのクリエイティブな専門技術、そしてStratasys 3Dプリントの3つが統合されると、何が得られるでしょうか?その答えは、ABCのジミー・キンメル・ライブでデビューしたばかりの、歩けて話せる高さ4mの巨大なクリーチャー、Bodockです。 Bodockは、カリフォルニア州サンディエゴで7月24 … [さらに読む...]

エンジニアリングのコーナー

IM TN EMold

EuroMold 2013:3Dプリンティングのアプリケーション:射出成型デモ

Stratasysは、EuroMold 2013にて3Dプリンティング活用例のひとつである射出成型金型のデモストレーションを行い、改めてその価値を示しました。 Stratasysのシニアプレセールス・アプリケーションエンジニアのマイケル・アントン(Michael Anton)が、会場ブースで行った興味深いデモンストレーション(英語またはドイツ語)をご覧ください。 … [さらに読む...]

Nykon 12

Stratasys、頑丈な3Dプリント素材「Nylon 12」を発表

アディティブ・マニュファクチャリングで最も高い強度を持つ新素材、Nylon12には注目すべき理由があります。 Stratasysは、Fortus 3D シリーズ向けFDM Nylon 12 を発表する場としてEuroMold 2013を選びました。 FDM Nylon 12 は強度と靭性を備えており、従来、半結晶材料の使用を妨げていた残留応力とたわみを低減できる設計となっております。  そして、他社製の3Dプリンタで使用されているナイロン素材と比較し、重要な改良がなされています。  靭性と機械特性は最も高く、破壊伸び率は100%改善、優れた耐疲労性や耐化学性も実現していま … [さらに読む...]