Objet Facebookメディカル・テクノロジー・ウィーク–です!

Objetのフェイスブック・ページでは今週、3Dプリンティングの世界から最も興味深く、技術的に進歩し、且つ感動的ないくつかのストーリーをハイライトしてみましょう!

プロダクト・デザインや開発プロセスへ3Dプリンティングを組込んでいるその他の業界につづき、医学の領域でもいくつかの驚くべき発展が見られます。 今日、外科、歯科学、救命救急医療、臓器開発、皮膚移植、補綴学をはじめとする多くの医療は、3Dプリンティングによって革新されています。.

ラピッドプロトタイピングから生産まで及ぶシナリオでいえば、3Dプリンタは文字通り「の先からつま先まで」使用されています。 Objetのフェイスブック・ページで「いいね」を押してフォローいただき、メディカル・テクノロジーと3Dプリンティング・ウィーク向けのデイリー・アップデートを是非ご覧ください。 Objetをフォローするにはこちら

今日、様々な医学や歯科用途で実際にObjet 3Dプリントモデルが活用されているという例を、ほんの一部ですがご紹介いたしましょう:

臓器内の神経組織 – Objet Connexマルチマテリアル3Dプリンタで作成

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*