エアバス、プレデター無人機とマルチマテリアル3Dプリンティング

空洞のある鳥の翼の骨

例として、航空機の比翼をみてみましょう。 鳥の解剖を勉強したことのない人でもお分かりいただけるように、鳥の翼は航空機の比翼に非常によく似ています(上記の写真を参照): 鳥の翼は、空洞部分をもつことで飛行するのにとても適しています。 画像で分かるように、縦横に横切る支柱やトラスで、最小まで全重量を抑えつつ構造強度を維持しているのです。 しかし、鳥の骨格形状を模倣することは、多くの人造のアセンブリや莫大な数のナットやボルトを必要とします - それらのは最終的な翼構造の重量を増加させてしまいます。

ーイング737機の翼長をもつ'Eitan' UAV – 3Dプリンティングは、これより小さなプラットフォームで同様の機能を提供することができるでしょうか?

さらにもう1ステップ先を考えてみましょう。  同様に3Dプリントした無人機を作成できると仮定します – しかし、今回はObjet Connex システムのようなマルチマテリアル3Dプリンタを活用します。 これは、異なるマルチマテリアル強度勾配を活用しさらにロード分配を最適化することを、一体のシームレスな構造として実現するでしょう。 以下の写真をご覧になったことがある方もいるかもしれませんが、Objet教育ブログにある投稿記事 「3Dプリンティング・マテリアル・ディストリビューション」(ペイン&ミカラトス両氏のご好意による)で、同概念をより詳しく検討しています。 透明な材料の内部に白色の材料が上部からのロード分配をどのようにサポートしているかをご覧ください

Objet Connex 3Dプリンタで造形したモデル: マルチマテリアルを使用し、詳細ディティールまで表現

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, フランス語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*