ClearCorrectの透明アライナーが歴史に新たな道を刻む

 

ClearCorrect社は、11,000人以上ものプロバイダーと、カスタムメイドの透明なアライナーを製造する最先端のグローバルな歯列矯正術研究所です。 上記のショートビデオでは、同社のCEOであるジャレット・パンフェリー氏とそのチームが、3Dプリンティングで、マニュアルのワークフローから、完全にデジタルでコンピュータ・ベースのプロセスにまでどのように発展していくかを議論しています。

この会社における重要なマルチプライアーは、Objet 3Dプリンタを活用した独自のシステムにあります。 同社はこのシステム機器を活用することで、明確なアライナーを熱成形するための非常に正確なキャスティングツールとして役立つ個々にカスタマイズされた歯科用模型をトレー全体で迅速に生産することができるようになりました。

ClearCorrect社が他社と一線を画す理由は、彼らがプロバイダに対し歯科用模型とぴったりとフィットした明瞭なアライナーと両方を送ることができるという点です。 つまり、患者がもし自分のアライナーをなくしたり破損してしまったりした場合でも、歯科医がこのObjetの3Dプリンタで造形したモデルに基づいてまた新しいアライナーを簡単に作ることができるのです。 これにより、歯科医とその患者双方の時間と費用を節約することにつながります。

Objet 3Dプリンタで造形したストーンモデルと透明アライナー

 

透明アライナーについて:

ClearCorrect社の透明アライナー・システムは、歯科医と歯列矯正医の両方に従来の歯並びをまっすぐにするときに使用する金属のブラケットに代わる方法を提供することができます。 このシステムによって、透明で、カスタムメイドされた、取り外しのできるアライナーを使用して歯並びを治すことができるのです。 アライナー夫々は歯をほんの少しづつ動かし、そして笑顔も美しくなっていきます– これで私たちの子供時代にあったような、あの不名誉な金属のブラケットのせいで悩まされることはないのです!

しかしながら、透明アライナーひとつを作り上げるためには治療後の「印象」が必要とされます。 まずストーンモデルを作成し、その後、理想的な歯/歯列モデルを見ながらミクロレベルで調節、そして理想的な歯の位置の縦・横方向の距離を測り、ベースプレート・ワックスを使って再調整します。再調整された位置が理想的になったら、添窩修正樹脂で定着させます。

もちろん、このプロセスは治療経過中に何度も繰り返さなければなりません。 それはあまり綺麗なものではないし、また、精度の高い結果を得るには時間や技術が必要とされます。

これが従来行われてきた手法です。 現代の技術では、「印象」はデジタル化され、そして歯科医の処方に基づいてコンピューター化されたプロセスを通じて治療手順が作成されます。 その後、モデルはObjet 3Dプリンタでプリントされます。 従来の方法と比較して、デジタルでのプロセスは比較にならないほど速く、より正確で、しかもコスト的にも安価です。 また、その結果は、これまでより歯列矯正治療を受ける患者さんたちをハッピーにしているという事実が、ClearCorrect社のような歯列矯正術の研究所におけるビジネスを成功させている大きな要因でしょう。

彼らが部屋がいっぱいになるほどの Objet 3Dプリンタを活用しているのも、納得ですね!

Objet 3Dプリントされたストーンモデルとキャストされたアライナー

 

3Dプリントで作成されたデンタルモデルの画像は、 こちらをご覧ください。

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*