Stratasys Blog

俳優がObjet 3Dプリンタでフェイスリフト?!

もしあなたがまだキャリアステージや、そしてそれが実際にどれほど難しいか一度も考えたことがないなら、「metamorphosis(変身)」というこのビデオを見てみてください。

ここで、俳優のジェイソン・グレイ・スランフォードがたった2分間に4つの役柄を演じています。 最後の場面では、彼の演じるエイリアンがObjetの3Dプリンタを使用してエイリアンの特殊メイクを施しています。 ここでは、スーツ部品の幾つかをオブジェットの r硬質グレイ (VeroGray) と クリア (VeroClear)材料で造形し、従来のメイクと組み合わせて最終的に仕上げています。

このプロジェクトはもうひとつ別の レガシー・エフェクト でも驚くべき特殊効果を作り出しています。 カリフォルニア近郊に拠点をおく彼らは、「ジュラシック・パーク」から始まり、「アバター」、「アイアンマン」、最近公開された「アベンジャーズ」など、インハウスのObjet 3Dプリンタを活用して映画のなかで特殊効果に使用する3Dモデルやプロトタイプを作成しています。

Objet 3Dプリンタ は、俳優の顔、首や頭部にぴったりとフィットするカスタマイズされたパーツを作成するために最適なソリューションなのです。 以下のクリップは、レガシー社のジェイソン・ロペス氏のご好意によりご提供いただいたものです!

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 英語, 簡体中国語, フランス語, ドイツ語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

Sam Green, Head of Marketing for Rapid Prototyping Solutions, Stratasys

Sam Green, Head of Marketing for Rapid Prototyping Solutions, Stratasys

Sam Green is Head of Marketing for Rapid Prototyping Solutions at Stratasys.

Add comment

Archived Posts

Subscribe to Our Mailing List

Subscribe to Our Mailing List