3Dプリントモデルの建築業界における価値

architects_cover

もちろん、設計者は既にその設計が最善のソリューションであると確信を持っています。 これは、彼らが幾度となく設計を行い、そして幾つものオプションを試みており、そしておそらく、設計過程を通じて更に様々なバージョンのプロトタイプを作ってきたからです。 だから、今必要とされているのはボスもしくはクライアントにそれが最善のソリューションであると確信させることなのです。 通常、これらの設計プレゼンテーションの時間的に制限があります。 設計者は、設計のクオリティについてボスもしくはクライアントを確信させる機会は一度しかありません。 つまり、よりよいプレゼンテーションであるほど、確信を得られるものとなり … [もっと読む...]

3Dプリント・インポッシブル! エッシャーの世界をリアル3Dモデルで現実のものに。

Escher_final

このビデオは、今年8月にYouTubeでリリースされてから200,000回以上も閲覧されるヒットとなっていますが、私は一度同ビデオを見てすぐにその理由がわかりました! テクニオン(イスラエルの著名な技術学校)のリサーチャー達は、同校に導入しているObjetの3Dプリンタを活用してエッシャーのだまし絵をリアルな、手で触れることのできる3Dモデルとして再現しています。 特に興味深いのは、3Dプリントされた「Belvedere(展望台)」(下図)です。 これは1958年に初めて作成された2次元の絵画で、その原作の中でエッシャーは幾つもの柱に支えられた3つ長方形の建物を描いています。 これは一見 … [もっと読む...]

3Dプリントされた兵器をMEN IN BLACK 3で活用

MIB_gun 4

[もっと読む...]

人体をモチーフにしたプロトタイプ 18点 – ネリ・オックスマンの素晴らしい3Dプリント作品を見る

pompidou_blog_cover

T今年5月、建築家でありMIT教授でもあるネリ・オックスマン氏の「Imaginary Beings, Mythologies of the Not Yet」と題されパリのポンピドゥ・センターで開催された展示を間近で見る機会に恵まれました。 同展での目玉は、18の人体をモチーフにしたプロトタイプです。 これらのプロトタイプは全てObjet Connexマルチマテリアル3Dプリンタ で作成され、悪天候であったにも関わらずアーティストやデザイナーをはじめ、一般客ら多くの来場者が訪れ、彼らを魅了していました。 このブログに投稿されたビデオでは、同展をより詳しい内容と共に、ユニークな作品に対する来 … [もっと読む...]

3Dプリンティング革命がロンドンオリンピックで最高潮に

olympics_cover

多くの新記録を生み出した17日間にわたるロンドン・オリンピックも、今日の閉会式でいよいよ終了するとともに、そこから多少なりともインスパイアされずにはいられません。 私はソファーから立ち上がり、10年前より少々フきつくなった古いランニングシューズとタンクトップを身につけました。 私たちがここで3Dプリンティングについて言及しても、皆さんは考えにもおよばないでしょう。 実際のところ、私はゲームを見ているときに3Dプリンティングについて考えずにはいられません。 オリンピック・スタジアムの設計から始まり、アスリート個々に合わせてカスタマイズされた装備、更には四肢そのものをサポートすることまで、3 … [もっと読む...]

FOXニュース:SIGGRAPH 2012展でObjet 3Dプリントモデルをチェック

fox news_cover

TこのFOXニュース・クリップは、昨日のSIGGRAPH展についてのレポートです– SIGGRAPHは、最新のインタラクティブおよびコンピュータ・グラフィック技術について特化した展示会です。 オブジェットのブースでは、当社3Dプリンタ三機種: Objet24 デスクトップ・システム、 Objet Eden260V プロフェッショナル3Dプリンタ、および Objet Connex350 マルチマテリアル3Dプリンタ が展示されました。 また、レガシー・エフェクツ社のジェイソン・ロペス氏は、オブジェットの3Dプリンティング技術がどのようにして 映画「アベンジャーズ」や「ジョン・カー … [もっと読む...]

SIGGRAPH 2012にて『アベンジャーズ』などハリウッドのヒット映画制作で活用されたオブジェットの3Dプリンタ技術を紹介

warhoon_front_image

    … [もっと読む...]

インクレディブル3Dプリント・オクトポッド潜水艇

octopod_front_graphic

これらの写真と共に、幸運にも、Objetブログではシーン氏とこの素晴らしい作品についてのインタビュー内容について皆さんにご紹介することができます: (サム・グリーン – 以下SM): シーン、あなたの専門分野と、この作品をデザインするまでに至った背景についてお話を伺えますか? (シーン・チャールスワース氏 – 以下SW): 僕の専攻は、フィルム&TVで、この10年間はニューヨーク大学のカメラなどの機材を修理していました。 最近NY大学大学院を修了し、そこで3Dモデリングとプリンティングに特化したデジタル・イメージング&デザインを専攻していました。 物理モデルとデジタルデザインを組み … [もっと読む...]

3Dプリンティングの真のパワーはマテリアルにあり

Objet 3D Printed Digital Material Combinations

[もっと読む...]