Stratasys Blog

3Dプリントモデルの建築業界における価値

By Piet Meijs, Senior 3D Expert, Rietveld Architects, New York.

今年5月、私は友人のひとり、ニューヨークのNRI出身のジャスティン・レヴィッツと共に、アメリカン建築大学(AIA/CES)向けの教育プレゼンテーションのゲストスピーカーとして同行しました。 私たちは一緒に幾つかのプレゼンテーションを行い、その中でなぜ私たちのオフィスで3Dプリンティングを活用しているのかについて発表する機会がありました。 その中で最も多かった質問は、いつも「コストはどのくらいかかるのか?」というものでした。 しかし、私の個人的な意見としては、それは間違った質問です。 正しい質問は、「その価値は何なのか?」ということです。

3Dモデルの価値
2008年、私はサンディエゴで開催された北米オブジェット・ユーザグループ会議に出席し、発表をしました。 同会議におけるもう一人のスピーカーは、3Dプリントモデルの価値について発表したマイケル・シュレイジ氏です。 彼のプレゼンテーションでは、工業デザインに適応した内容で、私は当時完全にはそのメッセージを理解できていませんでした。
H彼は私たちに、モデルの価値というのはそのもののコストと同一ではないと説明していました。 モデルのコストとは、それを作成するための合計コスト、一般的に材料と人件費を意味します。 では、モデルの価値とは何でしょうか? 価値とはデザインを伝達するための能力にあります。.

3Dプリントしたモデル一点で、幾つものデザイン・オプションを検証するために活用することができます。 これらは伝統的なプロトタイプです。 しかし、設計者が特定の設計問題に対するソリューションを指摘するとき、その設計者は通常、その先に進めるためには自身以外の誰か – 上司もしくはクライアントの確信を得る必要があります。
もちろん、設計者は既にその設計が最善のソリューションであると確信を持っています。 これは、彼らが幾度となく設計を行い、そして幾つものオプションを試みており、そしておそらく、設計過程を通じて更に様々なバージョンのプロトタイプを作ってきたからです。 だから、今必要とされているのはボスもしくはクライアントにそれが最善のソリューションであると確信させることなのです。

通常、これらの設計プレゼンテーションの時間的に制限があります。 設計者は、設計のクオリティについてボスもしくはクライアントを確信させる機会は一度しかありません。 つまり、よりよいプレゼンテーションであるほど、確信を得られるものとなります。 従来の二次元の設計図やイメージ画よりも、3Dプリントモデルのほうがこの種のプレゼンテーションに最適なツールとなりうるのです。

つまり、この3Dモデルがクライアントまたは上司が設計をよりよく理解し、それが正しいソリューションであり、次の段階へと進むことができると確信するために役立ち、そこに真の価値があるのです。

もし設計者がクライアントや上司を確信させることができなかったら、一体どうなるのでしょうか? その場合、設計者は前段階へ戻り、また設計もしくはプレゼンテーションを変更しなければならないでしょう。 プロセスにおけるこの遅延は、多額の不要なコストだけでなく、設計者にとって何時間もの作業時間と、クライアントまたは上司との更なるミーティング時間、莫大なファイナンス費用、そしてプロジェクト自体の完成時期にすら遅れが発生してしまうかもしれません。

これは3Dモデルがあることで、設計が必ず承認されるとは限りません。 しかし、確かなことは、より多くの情報があるほど、プロジェクトを遅らせてしまうような間違った決定が下される可能性は低くなるということです。

この種の価値は、「そうでなかった場合」について知ることができないため、単純な購買言語で算出することはできません。 しかしながら、設計者は皆、基本的な情報ミスまたは誤解が理由で前回の決定を変更するために、ある段階でクライアントまたは上司とやり取りしなければなりません。 そして、これらの間違った決定が重なるととても高コストとなってしまいます。 このコストは、3Dモデルによって提供される情報のおかげで「発生しなかった」ものであり、これが3Dモデルとそのテクノロジーの価値なのです。

まとめ
3Dプリントモデルの価値は、アイデアを伝達する能力にあります。 今日私たちの身の回りにあるソーシャル・メディアにより、ビジュアル的な刺激は劇的に増加ました。 ひとりの設計者として、もしあなたがとても小さな窓すら指摘することができない場合、会議での焦点を失ってしまうことでしょう。 高解像度3Dプリンタで作成されたような正確で詳細なスケール模型があれば、一瞬で莫大な情報量をコミュニケーションすることができます。 それは、設計者や建築家にとってこの上なく価値のあるものなのです。

[caption id=”attachment_9091″ align=”aligncenter” width=”539″ caption=”Objet 3Dプリンタで造形された建築モデル – プラン・ビュー” frameborder=”0″ allowfullscreen>

”Objetの3Dプリンタで造形された建築模型

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 英語, 簡体中国語, スペイン語, ポルトガル語(ブラジル)

Sam Green, Head of Marketing for Rapid Prototyping Solutions, Stratasys

Sam Green, Head of Marketing for Rapid Prototyping Solutions, Stratasys

Sam Green is Head of Marketing for Rapid Prototyping Solutions at Stratasys.

Add comment

Archived Posts

Subscribe to Our Mailing List

Subscribe to Our Mailing List