コンピュータ・アニメーションのキャラクターを3Dプリンタでリアル・モデルに

moritz cover

前回のブログ投稿でお話したように、3Dコンテンツや3Dプリンティングとして私たちが知っているものの間には、まだ多くの技術的なギャップがあります。 コンピュータ・アニメーションは、正にそのうちのひとつです。 上記のビデオは、明瞭に表現された変形可能なキャラクターを、コンピュータで生成されたアニメと同様、どのようにしてコンピュータ・アニメーションからリアルな3Dプリント・モデルに変化することができるのかを紹介しています。 アディティブ・マニュファクチャリング技術を使って自動的にアニメーションを作り上げる方法が現在存在しないため、これは意義深いものです。 このユニークな研究に携わる教授と生徒た … [もっと読む...]

ロボット・ファン – Objet ABSライク・デジタルマテリアルで3Dプリント!

robot fan_cover

インテリジェントでパーソナライズされた快適コントロールへのニーズ   Andrew Payne(アンドリュー・ペイン)氏著   現代の建築家やエンジニアは、ユーザ満足度とエネルギー性能との両方のゴールを満たすインドア環境を創り出すというチャレンジに直面しています。 適切な環境を創り出すために必要なのは、パーソナルな心地よさ、生産性、そして占有者の満足度です。 しかし、まだ疑問は残ります – なぜこれほど多くの建物が、これら2つのニーズに見合わないという事態に陥ってしまうのでしょう? Stewart Brand (スチュワート・ブランド)氏は、自身の著書、「How … [もっと読む...]

新AMFファイル形式は、3Dプリンティングの可能性を解放します!

AMF_cover

[もっと読む...]

Objet、テストドライブへ!

car

[もっと読む...]

Objet、ビデオ撮影のためUKユーザを訪問!

design cover

今週は、Objetの移動ビデオ製作部のため、とても忙しい一週間です! 私たちは英マンチェスター空港へ飛び立ちました。 この4日間の滞在中、イギリスに拠点を置くスペシャルなお客様を訪問してビデオ撮影を行い、彼らがどのように3Dプリンティング技術を使ってそのビジネスを創り出し、役立てているのかをご紹介します。 … [もっと読む...]

3Dプリンティング: パラダイムシフトの力 (ビデオ)

du design à la réalité

パラダイムシフトとは、ある考え方を別の考え方へ変えるということです。 それは物事を行う古い習慣を打ち破ることを意味します。 つまり、変化です。 初の印刷機の発明は、パラダイムシフトでした。 学者によれば、パラダイムシフトに関する奇妙なことの1つは、ある場所にいるとき、自身ではそれに気づかない傾向があるということです。 多くの人々が既に、3Dプリンティングと、それが意味する製造と設計の将来、そしてチームや組織がどのように今後作業するかということについて書いてきました。 しかし、私たちはパラダイムシフトの力が実際にあるポイントからはまだ若干離れていると私は考えています。 上記のビデオの中で、 … [もっと読む...]

3Dプリンタの新たなロボット作成への活用

robots and androids_cover

同大学のファインプリント・リサーチセンターにある3Dプリンティング研究所と共同で、彼らは蛸やクラゲなどの触手の動作や機能を詳細に再現した「人工筋肉」を作成しました。 この人工筋肉は、電流によって熱されると収縮する、形状記憶合金素材(バイオメタル)で作られています。 このバイオメタル製のワイヤーは、3Dプリントされた触手アームの内部に取り付けられており、シミュレーションすると様々な方向へ動くことができます。 なぜ、3Dプリンティングなのか? 3Dプリンティングを活用することで、シリコンモデルによるレプリカではこれまで再現できなかった、複雑形状や、バイオメタル・ワイヤーを埋め込むため … [もっと読む...]