3Dプリンティング: パラダイムシフトの力 (ビデオ)

パラダイムシフトとは、ある考え方を別の考え方へ変えるということです。 それは物事を行う古い習慣を打ち破ることを意味します。 つまり、変化です。 初の印刷機の発明は、パラダイムシフトでした。 学者によれば、パラダイムシフトに関する奇妙なことの1つは、ある場所にいるとき、自身ではそれに気づかない傾向があるということです。 多くの人々が既に、3Dプリンティングと、それが意味する製造と設計の将来、そしてチームや組織がどのように今後作業するかということについて書いてきました。 しかし、私たちはパラダイムシフトの力が実際にあるポイントからはまだ若干離れていると私は考えています。

上記のビデオの中で、私たちが再度焦点をあてたかったことは、3Dプリンティングが本当に意味するのは何なのか、ということです – それは、アイデア(夢)とそれらを実現させること(リアリティ)との間に残る壁を克服することです。

アイデアとは、天からの贈り物です。 それはインスピレーションを明瞭にする瞬間から始まります。 それは強度が非常に大きく、私たちはビジョンが現実になりえないとさえ思います。 アイデアを結実させる難しさのあまり私たちは疲れはて、アイデアで起こっていた興奮は減少してしまいます。 そして、リアルな世界への苛立ちが始まり、諦めてしまうこともしばしばです。 その結果、私たちはアイデアを未然に防ぐことを学ぶか、あるいは熱中しない純粋な空想としてそれらを抑えようとするか、毎日の習慣に邪魔されることを容認してしまいます。

しかしそれは、3Dプリンティングがよい方向へと変えることができるものです。 3Dプリンタのボタンを押すことで、アイデアから現実への変化がはじまります。 その結果、より多くのアイデアが現実となり、それまでのどんなものよりも広いイノベーションのプールが広がり、私たちはまったく異なる世界を歩くことになるでしょう。 それにより、おそらく私たちがそれまで考えも及ばなかった新たなソリューションが生まれます。 それがパラダイムシフトなのです!

Objet 3Dプリンタラピッドプロトタイピング3Dプリンティング技術についての詳細もご覧ください。

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, フランス語, ドイツ語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*