ロボット・ファン – Objet ABSライク・デジタルマテリアルで3Dプリント!

インテリジェントでパーソナライズされた快適コントロールへのニーズ

 

Andrew Payne(アンドリュー・ペイン)氏著

 

現代の建築家やエンジニアは、ユーザ満足度エネルギー性能との両方のゴールを満たすインドア環境を創り出すというチャレンジに直面しています。 適切な環境を創り出すために必要なのは、パーソナルな心地よさ、生産性、そして占有者の満足度です。 しかし、まだ疑問は残ります – なぜこれほど多くの建物が、これら2つのニーズに見合わないという事態に陥ってしまうのでしょう?

Stewart Brand (スチュワート・ブランド)氏は、自身の著書、「How Buildings Learn 」で以下のように述べています:

「よく適合している建物はほとんどありません。 建物は適合しないよう設計されているのです; しかも予算や融資面でも、構築も、管理的にも、メンテナンスや規定、課税についても、改造ですら適合していないのです。 しかしながら、それらの建物すべては…たとえ不適当であっても、周りの使用法が絶えず変わっているがために、いずれにせよ容認されるのです。」 

この問題に対する一つの解決策は、あなたがスペースをどのように使うのかを学習し、そのニーズを受け入れるような、より知的な、パーソナライズされたデバイスを作成することです。 この新レベルのデバイスは、さらに他のデバイスやより大きなセントラル・ビルディング・コントロール・システムと通信することができなければなりません。

より偉大なパーソナル・快適コントロールへの第一歩は、新たな省電力ロボット・ファンの開発です。 私は、快適さを手依拠するために、冷やした空気を体へ向け、いつ、どこへ集中しなければならないのかを学習する、この特許出願中のデバイスを設計し構築しました; 最も気楽さに影響する身体の部分に冷やされた空気を向けること。 結果は以下のような内容を示しています–人々は呼吸するエリア (つまり顔、首および頭)で冷たい空気があたるのを好む傾向があります。 そのため、ファンは内蔵のビデオカメラを搭載しており、ユーザの顔の位置を追跡するための顔認識ソフトウェアを使用して、ファンに適宜指示を出します。

ファン本体内部には、更に3つの高トルク・サーボモーターが搭載されています。 そのうちの1つはファンを左右に移動させ、その他2つのモーターが個々のファンを上家に傾斜させます。 これらは、従来の卓上扇風機と比較し約3分の1と、とても低消費電力なものです。 最後に、このロボット・ファンはセントラル・ビルディング・システムと環境内にあるその他のデバイスから、無線でメッセージを送受信することができます。

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*