カードボード・バイク…その他3Dプリンティング向けのインディケーション

これはまるでアップル社のストーリーのようです。 イスラエルの発明家であるIzhar Gafni氏は、物置小屋で自転車の修繕を行っていて、革命的なものを考え出しました:カードボード・バイクです。 一見、箱として使用する場合にはボール紙はとても強度がありますが、大人ひとりを支えるバイク・フレームやホイールを設計する場合には、そのデメリットを相殺するための課題がはるかに多くなります。

一年半におよぶ修繕加えた後、Izhar氏はついに設計を完成しました。 このカードボード・バイクは、サブサハラ、中東およびアジアのある地域のような、何十億もの人々の輸送ニーズがある地域を想定し、約20ドルという価格設定で市場に参入することを計画していました。

さらに、より現実的で、より継続可能な代替短距離輸送手段を捜していた環境グリーン・コミュニティーや学生に対し大きなヒットとなり、このカードボード・バイクは大きな成功を収めることができました。

さて、これと3Dプリンティングへの関係はなんだろうと、疑問に思われているかもしれませんね。 実際、これは直接的な関連性というより、将来の傾向に関するインディケーションという意味での関連性でしょう。 私の知る限り、Izhar氏は、3Dプリンタを彼のバイク(言うまでもなく、ボール紙とプラスチックは構造特性と実践的な観点からまったく別世界のものです)のプロトタイピングに使用しませんでした。 しかし、私にあるインディケーションを与えた英国テレグラフ記事からのある引用がありました:

「これは正に状況を一変させるものです。 それは…製品が製造され出荷される方法を変えます。 労働力が安価な市場に製造拠点を移す代わりに、どこであろうと工場を構えることができる 私たちがこれまで知っている製造の世界が一変するでしょう。」

この変化への鍵は、カードボード・バイクが、従来の自転車に必要とされる精密な金属プレス加工部品やアセンブリのための機械や製造ラインなどの資産投資を必要としないということです。 つまり、何処にでも、簡単にカードボード・バイク工場を設置することができるのです。 ただひとつ必要とされるであろうことは、1~2枚の安価なボール紙プレスと、そして原料と迅速さでしょう。 どうですか?身近に感じられてきたでしょうか?

3Dプリンティングのメリットは、それととても似ています。 材料はボール紙ほど安価ではないかもしれませんが、3Dプリンティングは本質的に、今ここで、欲しいものを何でも作るという能力です。 高価な工場や生産ラインは必要としません。 消費者は、デザイナーやメーカーになるチャンスを得ることができます。 また、そのプロセスでは、サプライ・チェーンを拡張したり、在庫を保持したりする必要もありません。 これにより、消費者に対する最終的なコストを下げるに役立ちます。

つまり、すべての人が勝者になりうるのです。

私は、このストーリーの動向を引き続きチェックしたいと思います。 今後もObjetブログでお伝えしていきますので、お楽しみに!

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*