2つの新オンライン・セミナー: 「建築3Dプリンティング」 & 「3Dプリンティングを活用したモールディング」

今週、2つの異なるトピックにフォーカスしたウェビナーをご紹介します。 きっと皆さまにもご興味いただけると思いますよ!

Injection Molds in Objet ABS-like Material

射出成型用モールド– Objet ABSライク・デジタルマテリアルで3D プリント

アディティブ・マニュファクチャリング・ソリューション: マテリアル& アプリケーション

モールド作成技術201210172:00 PM Eastern Time

プレゼンター: David Gurrola氏 (GrowIt LLC)、 Bruce Bradshaw (Objet)

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)は、マテリアルを付加していくことで、3Dモデルデータからオブジェクトを作成するプロセスです。 一般的には一層一層レイヤーを積み重ねて作成し、 「サブトラクティブ」製造技術と対照的に言及されます。 多くのAMアプリケーションは、単なるプロトタイピングという枠を越えて、多くの生産に関するアプリケーション分野へと活用の現場を広げています。

コスト面、スピード、効率性およびクオリティの観点から、射出成形やその他の高耐熱アプリケーションにおいて、AMは理想的なソリューションです。 最も技術的に進んだマテリアルと設備を活用し、Objetは高耐熱材料(RGD525)およびABSライク材料(RGD5160-DM)を提供しています。 これらのマテリアルにより、ポストプロセス後200Fおよび400Fまでのアプリケーションに対応することができます。

参加登録する

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, スペイン語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*