Rotite device

外せない?!3Dプリント・ファスナー Objet@Euromold 2012

昨日、Objetブースを訪れて驚きました。 Rotiteというとても革新的な会社のテクニカル・ディレクターであるStuart Burns(スチュアート・バーンズ)氏は、彼らの会社が設計した、信じられないようなファスナー(留具)のプロトタイプを作るために、Objetの3Dプリンタがどのように使用されたかをデモンストレーションしてくれたのです。

Youtube Objet1000

Objetがこれまでで最大 の3Dプリンタ – Objet1000をリリース! (ビデオ)

Euromold2012から、ライブでブログ投稿しています。 今日ここで、Objetはこれまでで最大の3Dプリンタ – Objet1000をリリースしました。 このシステムは、1000 x 800 x 500 mmの造形サイズを備えています– 驚くべきことに、これはこれまで最大のシステムであったObjet Connex500の10倍の造形ボリュームです。

seoul-thumb

3Dプリンタで、ソウルの新事業地区の超高層ビルを作成!

ヨンサン地区は、ソウルで最も高価な商業用不動産を特色としており、市の文化および新事業センターになる計画です。 この商業地区は、それ自身、高さ620mのランドマークタワーが中心的存在とする全20戸からなる新しいビルで構成されます。 最初のビルは、2016年の完成を予定しています。 Modelzium 社は、ソウルに本拠を構える業界トップの建築モデル・サービス・ビューロです。 彼らは、この開発地区全体のスケールモデルを、Objetのピュアクリア材料を使い自社のObjet Eden 3Dプリンタで造形しました。 驚くほどの建築モデルの数々を、以下の画像で是非チェックしてください:

hand_cover

柔らかな手、ギア、動物・・・いろいろなモデルを3Dプリント! (ビデオ)

ここ、Objet本社では、私たちは常に3Dプリント・モデルに囲まれています。 すべてのデスク、すべてのワークステーション、あちらこちらにある様々なショーケースやボックスの中に3Dプリントモデルを見つけることができます。 身の回りに溢れるモデルおかげで、少し鈍感になってしますこともあります。 そんなときは、カメラを手に取り、実際に私たちが日頃関わっているものを撮ってみるといいのです。 この短いビデオ・クリップでは、社内のウォッシュルームまでの短い間に撮影することができた、クリーニングが終わったばかりのモデルや、いくつかはまだ3Dプリンタの中にあるモデルを紹介しています。 ご覧頂く皆さまに、夫々のモデルに使用されているマテリアルがお分かりいただけるよう、ビデオ内に注釈が表示されるようにしました。 この注釈をクリックしていただければ、夫々のマテリアルや3Dプリンティングのもつ能力についての個別ビデオをご覧頂くことができます。 皆さんに気に入っていただけばうれしいです! (ユーザ・ノート – 何らかの理由で、同ブログのプログラミングが自動的に別ウィンドウとして注釈先のビデオを表示できない場合があります。 その場合、まず最初にこのビデオをご覧いただき、その次に注釈部分まで戻って別ビデオをご覧いただくことをお勧めいたします。 もしくは、これら全てのビデオはYouTubeでもご覧いただけます。 ご不便をおかけして申し訳ありません。)

paxman

Jeremy Paxman がBBCニュースでObjet 3Dプリンティングについて聞く

こちらは先日の夜のニュース番組、BBCからのニュースクリップです。 同番組の司会者であるJeremy Paxman(ジャーミー・パックスマン)氏は、通常、彼のその懐疑的な表情や鼻っぱしらの強いストレートな会話で知られていますが、今回彼はついに強敵に出会いました - それが、an Objet260 Connex マルチマテリアル3Dプリンタです。 Objetの在イギリスのパートナーであるTri-Tech社Paul Webber(ポール・ウェバー)氏の功績に感謝します。 彼は、Paxman氏を確信させるという厄介な役割を担いました。 私の見解を述べさせていただくなら、彼はマルチマテリアル3D プリンティングという「アディティブ・マニュファクチャリング」技術のメリットを、元来サブストラクティブ手法である従来の生産工程と対照的に定義することで、Paxman氏を納得させ、素晴らしい実績を残しましたといえるでしょう。

jet car_1

Buckaroo Banzai (バカルー・バンザイ)のジェット・カーを 3Dプリント!

以前このブログでもご紹介した、著名なOctopod アーティストであるシーン・チャールスワース氏(偶然にも、彼の専攻はフィルム&TVでした)は今、映画に登場するアイコン的存在であるジェット・カーを再現するのにObjet Connex マルチマテリアル3Dプリンタを活用しています。 シーンの素晴らしい作品をご紹介します! 彼の作り出したファンタスティックなモデルを是非チェックしてください: クローズアップしてみましょう。。。ジェットのディティール部分まで表現されています。