Jeremy Paxman がBBCニュースでObjet 3Dプリンティングについて聞く

こちらは先日の夜のニュース番組、BBCからのニュースクリップです。 同番組の司会者であるJeremy Paxman(ジャーミー・パックスマン)氏は、通常、彼のその懐疑的な表情や鼻っぱしらの強いストレートな会話で知られていますが、今回彼はついに強敵に出会いました - それが、an Objet260 Connex マルチマテリアル3Dプリンタです。

Objetの在イギリスのパートナーであるTri-Tech社Paul Webber(ポール・ウェバー)氏の功績に感謝します。 彼は、Paxman氏を確信させるという厄介な役割を担いました。 私の見解を述べさせていただくなら、彼はマルチマテリアル3D プリンティングという「アディティブ・マニュファクチャリング」技術のメリットを、元来サブストラクティブ手法である従来の生産工程と対照的に定義することで、Paxman氏を納得させ、素晴らしい実績を残しましたといえるでしょう。

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*