モデリングの新世代は3Dプリンティングで実現する

3Dプリンティングは、モデル作成の性質を変えました。 プロセスから使用するマテリアルまで、3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリングは、ボタンをクリックするだけで、複雑で高精度のスケールモデルをディティールまで再現することを可能にします。

モデル・メイカーたちは従来、正確なスケール、且つ詳細なモデルを必要とします。 例えば、:

  • 設計エンジニア (製造ラインにとりかかる前にスケールモデルでパーツや製品の勘合・形状確認や機能試験を行う必要がある)
  • 建築家 (スケールモデルを活用し、評価と特定の建築デザインのコンセプトの市場調査をする)
  • 映画製作者 (スケールモデルを作成し、映画で使用されるセットや複雑なシーンのプランニングに活用する)
  • マーケティング&セールス部署 (スケール・プロトタイプモデルを活用し、コミュニケーションやまだ生産段階に入っていない製品: 特に大型の重工業製品 – 防衛、自動車システムのプロモーションや販売活動を行う)

ここ数年間、3Dプリンティングはこれらの分野のワークフローにおいて主な部分を占めています。 しかし、より最近の開発としては、3Dプリンタの低価格化やハイエンド3Dプリンティング機能により、アマチュアや愛好家レベルのモデル・メーカーが増加してきています。

3D Printed Alien

3Dプリントしたエイリアン – 作:Sam Brubaker氏

 

 

 

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 英語, スペイン語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*