LEDライトショー機能付き3D印刷スピーカー

connex-led-speakersAutodeskの3人によるエンジニアリングチームが、すばらしい着想で注目を集めました:スタートアップ企業のLumiGeekが製作した3D印刷を利用したオーディオスピーカーは、LEDライトを埋め込んでおり、サウンドの変化に光が反応します。Stratasysのマルチ素材対応Objet Connex500
3Dプリンターを使用して、このアイデアが実現しました。
このスピーカーは視覚的にも美しく、音質が良く、完全に携帯可能です。このスピーカーのベース(スピーカー部品の格納に使用)は、TangoBlackPlusで3D印刷された、強靭で柔軟な ゴムに似た黒い素材でした。LEDライトを内蔵する、「クリスタル」のような部品は、透明な硬質素材であるVeroClearでプリントされており、LumiGeekの音響応答によるLEDライトショーに最適です。このユニークなプロジェクトの詳細は、共同クリエイターであるEvan AthertonによるEngagdetのビデオインタビューでご覧ください。

そして、このWiredのビデオクリップで、3D印刷スピーカーにLEDを合体させる方法が分かります。


また、Athertonは、3D印刷スピーカーに関するプラン(球体などの形状バリエーション)をInstructablesに掲載し、また自身のビデオで制作中のスピーカーについて説明しています。

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, 韓国語

コメントする

*