アディティブマニュファクチャリングでLeptronのデザイン変更を迅速化

無人航空機システム(UAS)の製造企業は、性能を向上し、市場投入までの時間を短縮するために、複雑なデザインを速く繰り返し生成できるアディティブマニュファクチャリング(AM)にすばやく着目し、活用しています。また、AMを活用することで、多数のUASメーカーはコストとリードタイムの制約を満たしながら少量生産も可能になります。

additive manufacturing, Leptron, aerospace

LeptronのRDASS 4 UAS

「航空宇宙業界におけるアディティブマニュファクチャリングの動向:道を拓く」と題したStratasysのホワイトペーパーは、9社の大手航空宇宙企業が幅広い応用分野でAMを活用している方法の概説です。4つある抜粋の4番目は、遠隔操縦ヘリコプターメーカーのLeptronが、AM部品の活用で、時間やコストの増加を防ぎながら、200回ものデザイン変更を可能にした方法の説明です。

設計があらかた完了したとき、Leptronは、AMのおかげで、飛行試験可能な部品を48時間以内に揃えることができました。しかも、このプロジェクトでは、特定の応用分野のために複数の設計が用意されていました。たとえば、8種類のネストされた統合胴体部品などです。従来と同様に射出成形を使用した場合、機械加工関連費用は25万ドルを超え、生産用部品が完成するまで6ヶ月はかかったでしょう。

ホワイトペーパー「航空宇宙業界におけるアディティブマニュファクチャリングの動向:道を拓く」の全文を表示またはダウンロードする

以前に掲載されていた最初の抜粋を表示するには ここクリック
以前に掲載されていた2番目の抜粋を表示するには、 ここをクリック
以前に掲載されていた3番目の抜粋を表示するには、 ここをクリック

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, フランス語, 韓国語

コメントする

*