プロフェッショナルな3Dプリントをお近くのUPSストアで利用できるとしたら?

UPSストアほど広く普及しているものはあるでしょうか?UPSはどこにでもあります。全米に3000ヶ所もあるのです。UPSは梱包、搬送、郵送、それにもちろん専門的な印刷にわたる幅広い便利なサービスを提供し、小企業の成長を手助けしています。

この近所のビジネス・リソース・センターが小売客にとってより便利になるには何が必要でしょうか?プロフェッショナルな3Dプリントサービスを提供するとしたら、どうでしょうか?

素晴らしいニュースがあります。UPSストアは顧客に3Dプリントを提供する全米最初の小売業になるのです。6ヶ所のパイロット地域でこのサービスを開始し、美しいサンディエゴがその最初の都市となります。どの3Dプリンタが選ばれたのでしょうか?それはもちろんStratasys uPrint SE Plusです。

UPSストアの小企業テクノロジーリーダーを務めるダニエル・レンバが、顧客である小企業に3Dプリントの利点を説明し、計画の概要を説明している様子をご覧ください:

起業家やデザイナー、建築家、ビジネスの創業者、あるいは立ち寄った人々が、その場でリアルタイムに専門的に3Dプリントした3D CADファイルを利用できるようになります。

プログラムは小企業を対象にしていますが、その場で3Dプリントサービスを試してみたい人すべてが利用できます。「多くの調査を重ねた後で、Stratasys uPrintに決めました。その理由は、置き場所をとらず操作が簡単だからです。」と、レンバは述べています。

ビジネスに変革をお求めですか?是非お問い合わせください。

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, フランス語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*