セルラーシューズに出会う:3Dプリントのマルチマテリアル ‘XYZ 151’

xyz shoe, 3d printed shoe, cellular shoe

ストラタシスのマルチマテリアルObjet Connex 3Dプリンタで3DプリントされたXYZ 151シューズ

シューズには、3Dプリントの世界を魅了する性質があります。オート・クチュールデザインから短距離走用の靴にいたるまで、3Dプリントの靴はカスタマイズの驚きの要素に加え、スマートフォンケースも兼ねるなど利便性における見込みもあります。

ニュージーランドを拠点とするデザイナー、アール・スチュアートはOPZone Connectのクリエイティブデザイナーでもあり、ヴィクトリア大学ウェリントンの修士号論文プロジェクトの一貫として靴をデザインしました (ロス・スチーブンスの監督の下、デザインにおいて)。このシューズは全体またはその一部が3Dプリントです。

スチュアートの最新デザインであるXYZ 151は、自然な細胞構造からインスピレーションを得ています。

layered xyz shoe

レイヤーと細胞は3DプリントのXYZ 151シューズでどのように結合されたのでしょうか

objet connex 500 multi-material 3d printer

Objet500 Connexマルチマテリアル3Dプリンタ

XYZ 151シューズはストラタシスのObjet Connexマルチマテリアル3Dプリンタを使って形成され、柔軟性と剛性の完璧なバランスが取れています。この風通しのよいミニマリストデザインは、実際には6種類の「混合材料」のピースに分かれます。硬質材料とゴムライク材料の両方を同時にプリントしてそれらを微調整する能力は、Connex 3Dプリント技術の優れた特徴です!スチュアートは保護と耐久性を上手く組み合わせました。ユーザーの脚は3Dスキャンされ、正確な測定値が最終製品に入力されます。

アールは、将来の改良点としてよりよく自然と調和したシステムまたは材料の可能性を期待しています。

このミニマリストシューズは自分には向いていないと思いますか?ちょっとお待ちください!実際には、脚へのクッションが少ないと身体によりメリットがあると考える生理学者もいます。靴底が薄いと、人間はその環境により「触れる」ことができ、自分の生体力学をそれに応じて調節することができます。

これで、細胞に足を踏み入れる準備ができましたか?

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 簡体中国語, 英語, スペイン語, 韓国語, ポルトガル語(ブラジル)

コメントする

*