Stratasys Blog

Stratasysが3Dプリントで雄牛のごとく活躍

当社は3Dプリンティングに強気で取り組んでいます!アディティブ・マニュファクチャリング業界の進歩は、医療、航空宇宙、ファッション、スポーツやその他の分野など、極めて多くの分野でイノベーションの機会を創出しています。

3Dプリントが広範な支持を受けていることを祝して、当社はStratasysとObjetのPolyJet技術を使って雄牛のモデルを作成しました。このモデルは、米国金融市場の中心地マンハッタン南端部ウォール街にある、観光客に人気の象徴的な銅像をもとに作成されています。

オリジナルの「チヤージング・ブル」という銅製の彫刻は重量3,200キロですが、Stratasysの雄牛は光沢感があり手に取ることできます。これは、デザイナーが顔や尻尾、筋肉組織を強調できる高精度のStratasys Objet Connexマルチマテリアル3Dプリンタで作成されました。この雄牛はConnexライン3Dプリンタのマルチマテリアル対応機能の高さを証明しており、尻尾と角はVeroWhite、テキストとロゴはVeroBlack、そして本体はこの2つを融合したグレーのデジタルマテリアルで造形されています。このモデルは一度のプリント実行で簡単にできあがりました!(ただし陶器店には近づかせないようにします)

この小さな雄牛をクローズアップしてご覧ください。またこのビデオに収録されているPolyJet 3Dプリント技術を使用して造形されたその他何点かの作品をご覧ください:

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 英語 韓国語 ポルトガル語(ブラジル) スペイン語

Carrie Wyman

Carrie Wyman

Carrie is a technology and 3D printing enthusiast, with a passion for beautiful design.

Add comment

Archived Posts

Subscribe to Our Mailing List

Subscribe to Our Mailing List