Stratasys Blog

少量ロットのパッケージ生産に最適な
3Dプリントされたブロー成形品

plasel 3d printing blow molding
Plastelのブローモールド装置に取り付けられた、
Stratasysの3Dプリンタで造形されたモールド

プラスチック製のパッケージは日々の生活に欠かせません。食品用、飲料用、医薬品用、ごみ箱など、あらゆるプラスチック容器があります。 一般的に、薄肉の中空のプラスチック瓶は、ブロー成形と呼ばれる工程により大量生産されます。 正確にキャリブレートされた金属製のモールドに熱した空気を吹き込み、中に配置された熱可塑性プラスチックをモールドの形へ変えるのです。 ブロー成形工程に付きものの熱と圧力のために、通常、大量生産では機械加工された金属製モールドが必要とされています。 しかし、少量ロット生産では、StratasysのPolyJetベースの3Dプリンティング技術を活用して、実際にモールドを3Dプリントすることができるのです。

plasel 3d printed blow mold
Stratasysの3Dプリンタで3D プリントされたモールドが、
100個のブロー成形パッケージのプロトタイプ製造で使用されました

これらのタイプのパッケージの世界的企業であるPlaselPrecision Plasticsでは、業界や顧客の多様な用途に合わせて、さまざまなタイプの製品を設計・加工しています。 最近、Plaselの顧客が新しいパッケージデザインの試作品を必要としていました。 パッケージが自動コンベアシステムでうまく流れるかを確認するためです。 Plaselでは、Stratasysの3Dプリンティング技術を活用して、100個のパッケージ試作品用のブロー成形品を作成しました。 これらのプロトタイプに従来の機械加工ではなく3Dプリンティングを選択することで、ブロー成形の試作品を製造するのに従来の機械加工手法と比較して、時間を90%短縮でき、また費用も約94%削減することができました。3Dプリントされたブロー成形用金型のプロトタイプを活用することで、この小ロット生産をわずか2日で完了することができした。  「Stratasysの3Dプリントを活用して作成した試作品は、新製品を市場に投入するために当社の顧客ニーズに素早く応えるために理想的なソリューションでした」とPlaselの研究開発マネージャのNir Hadar氏が説明しています。

つまり、大量生産用に金属製モールドを機械加工する前に、3Dプリントを活用したブロー成形品を使用することで、すばやく設計検証を行うことができるのです。 キャップ、スナップやヒンジを含めた設計変更を簡単に、しかも安価に行うことができます。 これらのプロトタイプは形状、嵌合および機能について点検するために使用することもできます。
Stratasys PolyJetで3Dプリントされたモールドと従来の金属製モールドに関するPlaselによる比較

技法

製造時間

費用

CNCマシニング* 最大20日 $5,000
アルミニウム製モールド 最大20日 $5,000
PolyJetモールド 2日 $280
削減率 18(90%) $4,720(94%)

* 完成部品数が100個の場合

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 英語 簡体中国語 韓国語 ポルトガル語(ブラジル)

Carrie Wyman

Carrie Wyman

Carrie is a technology and 3D printing enthusiast, with a passion for beautiful design.

Add comment

Archived Posts

Subscribe to Our Mailing List

Subscribe to Our Mailing List