最もタフな PolyJet マテリアル、 デジタル ABS Plusが登場

ストラタシスは、PolyJetテクノロジーの革新的な最新マテリアルである「デジタルABS Plus」を発表しました。 これは、2011年に発表した高パフォーマンスマテリアル「デジタルABS」を、より高度に改良した新バージョンとなるものです。 この新しいデジタルABS Plusマテリアルは、Connex3、Objet1000/1000 Plusおよび旧Connexプラットフォームでご利用頂けます。 優れた耐衝撃性、衝撃吸収性:90-110J/m (または 1.69 – 2.06 ft lb/in)を誇り、新たなレベルの機械的特性を提供し、既存のデジタルABSマテリアルと比較して、38%改良されています。

新しい最もタフなデジタルABS Plusマテリアルは、デザイン検証から機能性テストまで、ラピッドプロトタイピング・プロセスのあらゆる段階で理想的な使い方が可能です。 さらに、その高靭性により、治具・固定具や、穴あけ・メタルインサートパーツ、簡易樹脂金型への利用にも最適です。

カラーは同じく、グリーンとアイボリーをご利用いただけます。 薄壁形状は1.2mm以下の3Dプリントに対しては、デジタルABS2 Plusバージョンもご利用頂けます。

デジタルABS Plusの活用のアドバイス:

  • 2mm以下の繊細な薄壁形状を3Dプリントする場合、SUP706ソリュブル・サポートを使用されることをおすすめします。デリケートなパーツは、内部形状のサポートも簡単に除去することができます。
  • Connex3の精密な造形とデジタルABS Plusの強度を組み合わせることで、ねじ、連動ギア、スナップフィット、ファスナーなど、非常に精密かつ機能的なメカ設計パーツを実現できます。
  • 高靭性と高耐熱を誇るデジタルABS Plusは、家電製品、商用製品、自動車、航空宇宙、産業機械・機器など、幅広い業界における機能性プロトタイプ作製を可能にします。プログラム可能なオーブンで熱処理したデジタルABS PlusとデジタルABS2 Plusは、耐熱性を改善することができます。
  • デジタルABS Plusマテリアルと新しいAgilus30マテリアルを組み合わせることで、機能的かつリアルなゴムライク、オーバーモールド、グリップなど柔らかいパーツを一度に造形可能です。または、パーツへの文字入れや指示などを追加することも可能です。

 

下画像の回転式コネクタは、我々の協力会社Rotiteによりデザインされた特許取得済みのオス・メスコネクタです。これは、新しいデジタルABS Plusがいかに強靭かを表すもので、我々のエンジニアがプリントし、メス・コネクタを駐車場の低い天井に取り付けました。Rotiteパーツのユニークな形状と、デジタルマテリアルの強靭さによって、オスコネクタを合わせて人がぶら下がっても支えうることを可能にしています。 (上ビデオの00:25 – 00:30でその様子がご覧いただけます。)

Digital -ABS -Rotite

この投稿記事は以下の言語でもご覧いただけます: 英語

コメントを書く

Comment
Share This