Stratasys、3Dプリントしたスキーで滑走

3Dプリントしたスキー

すべてのウィンタースポーツの新記録がソチで生まれているわけではありません。タホ湖(米カリフォルニア州)で1つまた新記録が生まれました! Stratasys共同設立者、会長兼最高革新責任者のScott Crumpが、世界初の完全に機能する3Dプリント・スキーを履いて試験滑走をしました(実際に滑走している様子は、ブログの終わりにあるビデオをご覧ください) 。 スキーを設計したStratasysシニア・アプリケーション・エンジニアのDominic Mannellaは、次のように述べています。 「Scottは、特に3Dプリントのことになると、まず自身が最初に、何でも試すことが大好きなんです。 3Dプ … [もっと読む...]

3Dプリントでポルシェ「ケイマン」を カスタマイズ!

ポルシェ「ケイマン」を3Dプリント

主要自動車メーカーが最新のドライブ感覚をデザインするために、Stratasys 3Dプリンタが活用されています。すべての年齢層の自動車ファンが、今、自分のポルシェ「ケイマン」を「所有」する喜びを感じることができるのです。 3Dプリンタを活用することで、誰でも 「2014 Motor Authority Best Car to Buy(モーターオーソリティ社、購入するべきベストカー2014年)」に選出された「ケイマン」を手に入れることができるようになりました! ポルシェは、ゴムライク材料のタイヤを含め、3Dプリンタで「ケイマンS」を一層ずつ作り上げる様子を伝えるビデオを自社のYouTube … [もっと読む...]

EuroMold 2013:Stratasysビデオブースツアー

EuroMold 2013

EuroMold 2013に出展したStratasysのクイックガイドツアーで、アディティブ・マニュファクチャリングの偉大な未来をご覧ください。 欧州中東アフリカ(EMEA)担当マーケティング・ディレクターのエリック・ブレダン(Eric Bredin)が素晴らしいハイライトと3Dプリンティングの最新アプリケーションについてご紹介いたします。 現地の臨場感をお楽しみください! 前回のFDM Nylon 12に関するブログもお忘れなく! Stratasysは、Fortus 3D シリーズ向けのFDM Nylon 12を発表する場としてEuroMold 2013を選びました。 FDM … [もっと読む...]

新たなStratasysホワイトペーパー、ツーリングを伴わない金型の作成方法

connexFamily_150x150px

射出成形は製造の主力であり、部品を素早く安価に作成するために一般的に使用されています。 しかしながら、大量生産前の設計性能や適合性評価を目的とした試作品の作成プロセスは、常に効率的もしくは安価であるとは限りません。一例として、従来のCNCプロセスでスチールまたはアルミニウム製の射出成形用ツールを作成するには何週間も要することもあります。またツールの作成に数千ドルもの費用がかかる場合もあります。必要なのが実際の環境における部品の機能性試験のみであれば、これは大きな投資額です。設計変更が生じた場合はどうでしょうか?その場合は新たなツール作成が必要となり、これには多くの時間と費用がかかってしま … [もっと読む...]

アディティブ・マニュファクチャリングの優位性

inj-mold-thumbnail

20年以上に渡り、3Dプリントは物作りの方法にゆっくりと革命を起こしています。 特に、航空宇宙、自動車、生物医学、防衛、教育、消費財そして電子工学の分野において、この種のリエンジニアリングが発展しています。 3Dプリントは、アディティブ・マニュファクチュアリングとしても知られていますが、何もないところから材料を足し、一度に積層することで、モデル、プロトタイプもしくは最終用途の製品を造形します。 このプロセスは、「過剰な」材料で成形してから彫ったり削り取ったりことで対象物を作る従来の減法的製造から急激に転換しています。   複数コンポーネントを1つに統合、複雑な形状を造形、 … [もっと読む...]

音楽が聴ける!3Dプリント・レコード

3D record

このストーリーはすぐに成功となりました。 Instructablesのアシスタント・テクニカル・エディターであるAmanda Ghassaei(アマンダ・ギャサエイ)氏は、初めて、3Dプリントした(ほぼ)完璧な12インチのビニール盤のレプリカを3Dプリントしました。 例外的なディティール解像度のためにObjet Connex500で作成されたこのレコードは、プリントされた時点でレコード針によって十分に拾い上げられ、機能するオーディオ溝を備えています。 技術的詳細については、WIREDにNathan Hurst(ネイサン・ハースト)氏によって記載されています。 … [もっと読む...]

モデリングの新世代は3Dプリンティングで実現する

dictator_3

3Dプリンティングは、モデル作成の性質を変えました。 プロセスから使用するマテリアルまで、3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリングは、ボタンをクリックするだけで、複雑で高精度のスケールモデルをディティールまで再現することを可能にします。 … [もっと読む...]

史上最大!3Dプリントしたレンチ (ビデオ)

giant printer_cover

先週開催されたEuroMoldでリリースした新型のObjet1000ワイドフォーマット3Dプリンタ を使って、これまでで最大のレンチを作ってみました。 この巨大なレンチに世界中からご興味いただくのはもっともでしょう。 … [もっと読む...]

3Dプリンティングから生まれた、もうひとつのCoolな発明

iphone baffler

このビデオで紹介されているクールなデバイスは、ティム・ポッター氏によって創られたものです。 経歴によると、彼はThe Seasteading Institute (TSI)の大使であり、「次のフロンティアや海洋、土地の入手や社会の平和的な発展への道を開くために必要な知識やスキル、人々、そして技術を開発して集約する」ことに自身の自由時間を費やしました。 彼はまた、iPhone向けのキー・ワッフルのように楽しい設計もしています。 私は、その発明に関してTImに尋ねました: Sam Green(サム・グリーン): 「なぜこのキー・ワッフルを開発しようと思ったのですか?」 … [もっと読む...]

外せない?!3Dプリント・ファスナー Objet@Euromold 2012

Rotite device

昨日、Objetブースを訪れて驚きました。 Rotiteというとても革新的な会社のテクニカル・ディレクターであるStuart Burns(スチュアート・バーンズ)氏は、彼らの会社が設計した、信じられないようなファスナー(留具)のプロトタイプを作るために、Objetの3Dプリンタがどのように使用されたかをデモンストレーションしてくれたのです。 … [もっと読む...]