最新の投稿記事

ワールドカップ マラカナンスタジアム

Stratasys、ワールドカップ決勝戦が開催されたスタジアムを3Dプリント

リオデジャネイロのマラカナンサッカースタジアムは、元々1950年に開催されたワールドカップの主会場として建設されました。2000年以降、改修工事によって生まれ変わり、今回のワールドカップの決勝戦の舞台となりました。改修プロジェクトを手掛けたFernandes Arquitetos Associadosは、古いスタジアムを取り壊して新しく建設するのではなく、既存のスタジアムを改良することに決めました。 改修されたスタジアムは、78,838人を収容し、124,000 m2 の敷地面積で … [さらに読む...]

Silicone mold with Stratasys PolyJet 3D printed pattern

シリコンモールディング2.0 – アディティブマニュファクチャリングによる成型の合理化

様々な製造技術と同じく、シリコンモールディングにも3Dプリントを活用することが可能になり、製造期間の短縮と費用の大幅な削減に役立っています。 シリコンモールディングは、RTV  (Room Temperature Vulcanizing ) とも呼ばれ、比較的少ロットのプラスチック製部品を製造する場合に、効率的で経済的なソリューションです。 その工程は3ステップで、まずマスターモデルを作成から始まります。 これは通常、ウッド、金属またはプラスチックで作成されます。その後、型にシリコンゴムを … [さらに読む...]

Plasel-TN

少量ロットのパッケージ生産に最適な3Dプリントされたブロー成形品

プラスチック製のパッケージは日々の生活に欠かせません。食品用、飲料用、医薬品用、ごみ箱など、あらゆるプラスチック容器があります。 一般的に、薄肉の中空のプラスチック瓶は、ブロー成形と呼ばれる工程により大量生産されます。 正確にキャリブレートされた金属製のモールドに熱した空気を吹き込み、中に配置された熱可塑性プラスチックをモールドの形へ変えるのです。 ブロー成形工程に付きものの熱と圧力のために、通常、大量生産では機械加工された金属製モールドが必要とされています。 しかし、少量ロット生産では、Str … [さらに読む...]

注目の投稿記事

bodock giant creature

Stratasys の3Dプリントを使用して作られた、高さ4mのキャラクターがコミコンでうなりを上げる

  Stan Winston School of Character Artsのデザインの才能、Legacy Effectsのクリエイティブな専門技術、そしてStratasys 3Dプリントの3つが統合されると、何が得られるでしょうか?その答えは、ABCのジミー・キンメル・ライブでデビューしたばかりの、歩けて話せる高さ4mの巨大なクリーチャー、Bodockです。 Bodockは、カリフォルニア州サンディエゴで7月24 … [さらに読む...]

エンジニアリングのコーナー