最新の投稿記事

Swany TN

アディティブマニュファクチャリングが日本経済の再生を刺激

長野に本拠を置く設計会社、スワニーは、単一製品への集中から広範囲な工業デザインサービスへと展開することにより、競争力を高めてきました。 同社の反復製品設計プロセスの主要な要素は、プロトタイプ部品の射出成形です。金型は、今もなお長期的な製造工程における選択肢ですが、その製造に何週間もかかり、費用が数百万円におよぶこともあります。 同社は、 StratasysのObjet260 Connex 3Dプリンタを使用し、3Dプリントされた安価なプラスチック金型「デジタルモールド」の製造を開始し … [さらに読む...]

アイリスオーヤマ

3Dプリンタで製品の市場投入を加速させるアイリスオーヤマ

製品のより迅速な市場投入が進むにつれ、より多くの企業が、従来の製造工程からアディティブマニファクチャリングへと移行を進めています。消費財メーカーのアイリスオーヤマは、ガーデニング、ヘルスケア、インテリア、オフィス、LED照明、ホームエレクトロニクスなど、毎年 1,000 以上の製品を出荷しています。 新製品を継続的に投下するということは、製品開発および出荷を加速させる方法を常に探しているということを意味します。 「解析や試作を外注する従来のプロセスでは、とても市場のスピードに追いつき … [さらに読む...]

3d printed soccer ball

3Dプリントされたサッカーボールがワールドカップを祝う

ペレがサッカーを「美しいスポーツ」と呼んだとき、3Dプリンティングのことについては話していなかったかもしれませんが、この3Dプリントされたサッカーボールは見逃せません。 StratasysのパートナーProto3000は、Objet500 Connex マルチマテリアル3Dプリンターを活用してマルチマテリアルのサッカーボールを設計し、3Dプリントしました。Stratasysのマルチマテリアル3Dプリンティング技術により、硬質透明マテリアル (VeroClear)に、ゴムライクマテリアル ( … [さらに読む...]

注目の投稿記事

bodock giant creature

Stratasys の3Dプリントを使用して作られた、高さ4mのキャラクターがコミコンでうなりを上げる

  Stan Winston School of Character Artsのデザインの才能、Legacy Effectsのクリエイティブな専門技術、そしてStratasys 3Dプリントの3つが統合されると、何が得られるでしょうか?その答えは、ABCのジミー・キンメル・ライブでデビューしたばかりの、歩けて話せる高さ4mの巨大なクリーチャー、Bodockです。 Bodockは、カリフォルニア州サンディエゴで7月24 … [さらに読む...]

エンジニアリングのコーナー