skulls_blog Cover

ハロウィンには3Dプリンティングもコワくなる?!

オブジェットでのマシンプロダクションのフロアを通ったときに、この3Dプリントモデルを見つけました。 デザイナーはかつて、ねじドライバー、ペンおよびピラーを手にして眼窩を使用していました。 これらの画像でご覧いただけるように、このモデルは白~黒、そしてそミックスして作成された3色のグレースケールを使い、単一のモデルとしてObjet Connex500 マルチマテリアルシステムで3Dプリントされたものです。手のかかるツールはもう必要ありません。 では読者の皆さん、ハロウィンを楽しんでください!