ULA Rocket TN

United Launch Alliance社はストラタシス
3Dプリンタで製造した部品を搭載した
アトラスVロケットの打ち上げを予定。
同時に納期短縮、コスト削減も実現

United Launch Alliance社(ULA)は、ストラタシスの3Dプリント技術を導入し、アトラスV およびデルタIVロケットのフライト(飛行体)ハードウェア用に使用する低コストの改良型生産金型の開発と生産コスト削減の分野で同技術を活用しています。ULAの新たな取り組みでは、高い強度を持つFDM熱可塑性プラスチック「ULTEM 9085」が、既存のロケット設計における環境制御システム(ECS)のダクトシステムの材料として採用されました。これにより同社は、システムの生産コストを57%削減し、ECSのアセンブリパーツも140を超える部品点数からわずか16点に集約できました。 ULAの従来からの金属製アプリケーションから3Dプリントされたツールへの転換によって、同社が過去30年間にわたり行ってきた業務の方法が大きく変わりました。例えば、ULAの構造設計エンジニアであるカイル・ウィットロー氏はECSのダクトシステムに関して、部品コストの削減効果に加えて据え付けや組み立て工程が非常に容易になったと述べました。これらの複雑なジオメトリを持った部品に関して、組み立て工程をほぼ省略または完全に省略して製作できるアディティブ・マニュファクチャリングの持つ能力を得ることによって生産コストの削減が可能になりました。 Stratasysは、各種材料やアプリケーションがULAの厳しい基準に基づいて認定されるようにするため、ULAと共同で必要なプロセスを開発しました。原材料の段階まで遡って追跡することによって、ULAは熱可塑性プラスチック材料の品質基準の監視を行うと共に、これらの材料が当該アプリケーションに適切な特性を有していることを保証しています。 このアプリケーションに関してULAが抱えている最も大きな懸念事項は、ロケットの打ち上げ時にECSダクトがさらされる苛酷な環境でした。ECSダクトはカウントダウン・シーケンスから打ち上げまでの間、温度と湿度を調整した空気を繊細な航空電子工学(アビオニクス)コンポーネントに供給する役割を担っています。これらの部品は離陸前の地上での運用時のみに使用されるものですが、これらの材料には打ち上げ時の激しい振動への耐久性が求められています。 このECSダクトは、同社が導入した2台のStratasys製Fortus 900mc 3Dプロダクションシステムを使用し、ULTEM 9085材料を用いてプリントされました。 ULAは、耐久性が高く軽量で機械的特性に優れた点を評価して、FDM技術をに基づく熱可塑性プラスチック3Dプリンティング材料を選択しました。 迅速かつ革新的な手法への要求が引き続き拡大していく中で、航空宇宙分野のように軽量化が求められる業界は、信頼できる部品を迅速に製作できる費用対効果の高い手法を求めてアディティブ・マニュファクチャリング・テクノロジーに目を向けています。 さらにウィットロー氏は次のように述べました。「現実に、アディティブ・マニュファクチャリング・テクノロジーを通じた技術革新は、ULAのレベルを従来よりも無駄のない、より費用対効果の高い、より効率的な水準へと押し上げています。その結果、私達は過去に行ったことがない手法を用いて新しい革新的なテクノロジーを当社の設計プロセスおよび飛行体構造に取り入れることができました。現時点で私達はFDMを主にツーリング用に使用していますが、フライトハードウェア用にも展開するべく迅速に作業を進めているところです」。 ULAは3Dプリンティングおよびフライト・アプリケーションの分野で急激な成長を期待しており、こうした期待は同社の次世代打ち上げシステムの計画にも大きく反映される予定です。3Dプリントで製作されたECSダクトが搭載される初めてのアトラスVは2016年の打ち上げを予定しています。

UAV-Solutions-Thumbnail

無人航空機、FDMを使ってオンザフライで製造

メリーランド州ジェサップのUAV Solutions Inc.は、無人航空機 (UAV) ならびにUAV管制システムに特化した会社です。同社のCEOであるBill Davidson氏によると、同社でStratasysのDimension 1200es3Dプリンタを導入した当初、これは素晴らしい技術であると思ったものの、何が可能であるかをすべて把握していた訳ではありませんでした。当初は小さなプロトタイプや顧客向けの販促商品の生産に使用するつもりでしたが、FDM(熱溶解積層法)ベースの3Dプリントは、今では複数のFortus 400プロダクションシステムが駆動する製造工程の全ての側面に「忍び込んで」います。 特に、彼らはULTEM™ 9085樹脂材料が航空機の用途に極めて良く適合することを発見しました。難燃性の高性能材料であるULTEMは、高い強度重量比とFST(炎、煙および毒性)評価を示しており、特に航空宇宙、海上船舶、陸上用車両などの商用輸送産業に最適な材料です。 FDMベースの製造工程により、UAV Solutionsは、航空電子工学の構造を非常に迅速に変更できるようになり、顧客の高性能かつ緻密な要望に応えられるようになりました。実際にDavidson氏は、ULTEM 9085を活用することで、標準的なフライス手順では実現できなかった製品コンポーネントを製造できるようになったと述べています。 下記のビデオで、Stratasys Fortus 400プロダクションシステムを使用して製造された無人航空機の飛行デモをご覧いただけます。この機体の典型的な用途には、警察署、消防署やその他の緊急初動機関に加え、軍事用途などがあります。

Leptron’s RDASS 4 UAS

アディティブマニュファクチャリングでLeptronのデザイン変更を迅速化

無人航空機システム(UAS)の製造企業は、性能を向上し、市場投入までの時間を短縮するために、複雑なデザインを速く繰り返し生成できるアディティブマニュファクチャリング(AM)にすばやく着目し、活用しています。また、AMを活用することで、多数のUASメーカーはコストとリードタイムの制約を満たしながら少量生産も可能になります。 「航空宇宙業界におけるアディティブマニュファクチャリングの動向:道を拓く」と題したStratasysのホワイトペーパーは、9社の大手航空宇宙企業が幅広い応用分野でAMを活用している方法の概説です。4つある抜粋の4番目は、遠隔操縦ヘリコプターメーカーのLeptronが、AM部品の活用で、時間やコストの増加を防ぎながら、200回ものデザイン変更を可能にした方法の説明です。 設計があらかた完了したとき、Leptronは、AMのおかげで、飛行試験可能な部品を48時間以内に揃えることができました。しかも、このプロジェクトでは、特定の応用分野のために複数の設計が用意されていました。たとえば、8種類のネストされた統合胴体部品などです。従来と同様に射出成形を使用した場合、機械加工関連費用は25万ドルを超え、生産用部品が完成するまで6ヶ月はかかったでしょう。 ホワイトペーパー「航空宇宙業界におけるアディティブマニュファクチャリングの動向:道を拓く」の全文を表示またはダウンロードする 以前に掲載されていた最初の抜粋を表示するには ここクリック 以前に掲載されていた2番目の抜粋を表示するには、 ここをクリック 以前に掲載されていた3番目の抜粋を表示するには、 ここをクリック

3D印刷が、射出成形金型を短時間で作成する、偉大な進歩を実現

3D印刷射出成形ツールは、射出成形金型を短時間で作成できるので、3D印刷が従来の製造業にもたらす最も偉大(そして、最も斬新)な技術革新の1つと言っても過言ではないでしょう。 上記のビデオサンプルでは、 デジタルABS素材 (以前はABS状デジタル素材と呼ばれていた)を使用して3D印刷された当社の成形ツールをご紹介いたします。これらの成形ツール(アイスクリームスプーンで6杯分)に、220℃に熱したポリプロピレンが注入されます。 ここで、デジタルABS素材を100回を超える射出ショットで使用して、合計で600本ものスプーンができました – そして、目に見える変形はまったくなしです! この動画の最後に提示した投資利益率の計算は、この3D印刷によるサンプルと、南米の2社の従来型CNC成形ツールの製造業者(アルミやスチールの金型)の実際の金額を比較したものです。私は、北米、欧州または極東でも同程度のコストメリットを想定できると考えています。 この非常に教育的なビデオを製作してくれた、当社のアプリケーションセールスマネージャであるNadav Sellaに心から感謝します!

Youtube Objet1000

Objetがこれまでで最大 の3Dプリンタ – Objet1000をリリース! (ビデオ)

Euromold2012から、ライブでブログ投稿しています。 今日ここで、Objetはこれまでで最大の3Dプリンタ – Objet1000をリリースしました。 このシステムは、1000 x 800 x 500 mmの造形サイズを備えています– 驚くべきことに、これはこれまで最大のシステムであったObjet Connex500の10倍の造形ボリュームです。

design cover

Objet、ビデオ撮影のためUKユーザを訪問!

今週は、Objetの移動ビデオ製作部のため、とても忙しい一週間です! 私たちは英マンチェスター空港へ飛び立ちました。 この4日間の滞在中、イギリスに拠点を置くスペシャルなお客様を訪問してビデオ撮影を行い、彼らがどのように3Dプリンティング技術を使ってそのビジネスを創り出し、役立てているのかをご紹介します。

airbus

エアバス、プレデター無人機とマルチマテリアル3Dプリンティング

例として、航空機の比翼をみてみましょう。 鳥の解剖を勉強したことのない人でもお分かりいただけるように、鳥の翼は航空機の比翼に非常によく似ています(上記の写真を参照): 鳥の翼は、空洞部分をもつことで飛行するのにとても適しています。 画像で分かるように、縦横に横切る支柱やトラスで、最小まで全重量を抑えつつ構造強度を維持しているのです。 しかし、鳥の骨格形状を模倣することは、多くの人造のアセンブリや莫大な数のナットやボルトを必要とします – それらのは最終的な翼構造の重量を増加させてしまいます。 さらにもう1ステップ先を考えてみましょう。  同様に3Dプリントした無人機を作成できると仮定します – しかし、今回はObjet Connex システムのようなマルチマテリアル3Dプリンタを活用します。 これは、異なるマルチマテリアル強度勾配を活用しさらにロード分配を最適化することを、一体のシームレスな構造として実現するでしょう。 以下の写真をご覧になったことがある方もいるかもしれませんが、Objet教育ブログにある投稿記事 「3Dプリンティング・マテリアル・ディストリビューション」(ペイン&ミカラトス両氏のご好意による)で、同概念をより詳しく検討しています。 透明な材料の内部に白色の材料が上部からのロード分配をどのようにサポートしているかをご覧ください