ハロウィンには3Dプリンティングもコワくなる?!

skulls_blog Cover

オブジェットでのマシンプロダクションのフロアを通ったときに、この3Dプリントモデルを見つけました。 デザイナーはかつて、ねじドライバー、ペンおよびピラーを手にして眼窩を使用していました。 これらの画像でご覧いただけるように、このモデルは白~黒、そしてそミックスして作成された3色のグレースケールを使い、単一のモデルとしてObjet Connex500 マルチマテリアルシステムで3Dプリントされたものです。手のかかるツールはもう必要ありません。 では読者の皆さん、ハロウィンを楽しんでください! [もっと読む...]

英国戦争で負傷した退役軍人が再び歩行するために3Dプリンタを活用

Objet Eden_OPS

[もっと読む...]