外せない?!3Dプリント・ファスナー Objet@Euromold 2012

昨日、Objetブースを訪れて驚きました。 Rotiteというとても革新的な会社のテクニカル・ディレクターであるStuart Burns(スチュアート・バーンズ)氏は、彼らの会社が設計した、信じられないようなファスナー(留具)のプロトタイプを作るために、Objetの3Dプリンタがどのように使用された…

The Claw! リアルなクローをObjet 3Dプリンタで作成

これらの写真に写っているのクロー(爪)は、コレクション企業であるFactory Entertainment(ファクトリー・エンターテインメント)向けに作成された 「 the Creature from Black Lagoon (ブラックラグーンの生物)」の複製です。 16インチという実寸サイズで信…

3Dプリンティングの真のパワーはマテリアルにあり

多くの製造業界において、メタルの代わりにプラスチックが使用されている 下記は、業界が材料のエリアにおいて3Dプリンティングの力のうちの一部を解放した、いくつかのよい例です: オブジェット: Objet Connexシステムの107種のマテリアル(3Dプリンタ業界で最多)のうち、90種は造形プロセス中に混合して作成されるデジタルマテリアルです。 大学の専門家: 研究により、レーザー溶融プロセス中に形成される興味深い特性を兼ね備えた、アルミニウム合成物を生み出しました。 オプトメック: LENS(金属)およびエアゾール・ジェット(ダイレクト・ライト・エレクトロニクスおよびバイオ・プリンティング)の両方は、沈着中に複数材料を組み合わせます。 3Dプリンタ中でマテリアルを混合することは、驚異的な数の特性を生み出します。 更にそれは、オブジェクト(機能的にバリエーションのある材料)を通じて変わる物性を備えたパーツを作成する無比の能力を業界に提示します。 この機能は3Dプリンティング以外に存在しないため、私たちは3Dプリンティングのみが実現できることをどのように包含するかを学ぶべきです。 私たちは、慣例通りに作られたパーツの特性とマッチさせるうえで、制限があること受け入れるということを学ばなければなりません。 つまり、3Dプリンティングを代用品として考えるのではなく、従来の問題に対する非常にユニークな解決策を生み出すことができる選択肢のひとつとして、この技術を取り入れてください。 Objet 3Dプリンタで造形さしたデジタルマテリアルの組合せ -          - トッド・グリム氏は、3Dプリンティング・コンサルティング&コミュニケーション会社であるT. A. Grimm & Associatesの社長を務めています。 彼はアディティブ・マニュファクチャリング・ユーザ・グループ(AMUG)でAMインダストリ・アドバイザーとして役員も努め、ENGINEERING.comのマネージング・エディターとしても活躍しています。