ワールドカップ マラカナンスタジアム

Stratasys、ワールドカップ決勝戦が
開催されたスタジアムを3Dプリント

リオデジャネイロのマラカナンサッカースタジアムは、元々1950年に開催されたワールドカップの主会場として建設されました。2000年以降、改修工事によって生まれ変わり、今回のワールドカップの決勝戦の舞台となりました。改修プロジェクトを手掛けたFernandes Arquitetos Associadosは、古いスタジアムを取り壊して新しく建設するのではなく、既存のスタジアムを改良することに決めました。 改修されたスタジアムは、78,838人を収容し、124,000 m2 の敷地面積で、2013年に完成しました。最も大きな改良点は、スタンドのデザインです。見やすさ、安全性、快適性など、理想的な条件を満たすために、新しい構造設計が施されました。さらに、ドイツのSchlaich Bergermann und Partnerによって設計された新型の「フローティングルーフ」が、PTFEコーティングされた抗張力ファイバーグラス膜で取り付けられました。     「私達はスタジアムの近代性と機能性を突き詰めると同時に、既存のスタジアムの最適化によって観客の快適性を検討しました。また、プロジェクトの周辺地域への影響および地域の発展にも配慮しています」と設計責任者のDaniel Fernandes氏は述べています。 Fernandes氏は、マラカナンが単なるスタジアムを超えたものであると言います。これはブラジルの文化遺産であり、世界最大のスポーツイベントにおける世界的なシンボルなのです。   Stratasysでは、この考えに賛同し、マラカナンスタジアムの3Dプリントを行いました。Fernandes Arquitetos Associadosから提供された、マラカナンスタジアムのSTLファイルを使用して、Objet500 Connexマルチマテリアル3D プリンタで、硬質不透明マテリアル (VeroWhitePlus) で3Dプリントしました。  モデルは、ベースと屋根部分の2つの部品のみを造形し、2つを組み立てて作成しました。 世界中の建築家がStratasysの3Dプリンティングを使用して、デザインを検証し、クライアントにプレゼンテーションを行っています。 このショートビデオで、設計ファイルからマラカナンスタジアムのモデルを生み出した方法をご覧いただけます。

ferris wheel cover

回転する3Dプリント大観覧車(ビデオ)

あなたが実際にこの大観覧車のような、稼動パーツがアセンブリされた状態のモデルを、ものを、何もないところから実際に作成することができることに、驚かない人はいないでしょう - 3Dプリンタからただ取り出し、クリーニングしたらすぐに使用できます!

seoul-thumb

3Dプリンタで、ソウルの新事業地区の超高層ビルを作成!

ヨンサン地区は、ソウルで最も高価な商業用不動産を特色としており、市の文化および新事業センターになる計画です。 この商業地区は、それ自身、高さ620mのランドマークタワーが中心的存在とする全20戸からなる新しいビルで構成されます。 最初のビルは、2016年の完成を予定しています。 Modelzium 社は、ソウルに本拠を構える業界トップの建築モデル・サービス・ビューロです。 彼らは、この開発地区全体のスケールモデルを、Objetのピュアクリア材料を使い自社のObjet Eden 3Dプリンタで造形しました。 驚くほどの建築モデルの数々を、以下の画像で是非チェックしてください:

injection mold

2つの新オンライン・セミナー: 「建築3Dプリンティング」 & 「3Dプリンティングを活用したモールディング」

今週、2つの異なるトピックにフォーカスしたウェビナーをご紹介します。 きっと皆さまにもご興味いただけると思いますよ! アディティブ・マニュファクチャリング・ソリューション: マテリアル& アプリケーション モールド作成技術2012年10月17日2:00 PM Eastern Time プレゼンター: David Gurrola氏 (GrowIt LLC)、 Bruce Bradshaw (Objet) アディティブ・マニュファクチャリング(AM)は、マテリアルを付加していくことで、3Dモデルデータからオブジェクトを作成するプロセスです。 一般的には一層一層レイヤーを積み重ねて作成し、 「サブトラクティブ」製造技術と対照的に言及されます。 多くのAMアプリケーションは、単なるプロトタイピングという枠を越えて、多くの生産に関するアプリケーション分野へと活用の現場を広げています。 コスト面、スピード、効率性およびクオリティの観点から、射出成形やその他の高耐熱アプリケーションにおいて、AMは理想的なソリューションです。 最も技術的に進んだマテリアルと設備を活用し、Objetは高耐熱材料(RGD525)およびABSライク材料(RGD5160-DM)を提供しています。 これらのマテリアルにより、ポストプロセス後200Fおよび400Fまでのアプリケーションに対応することができます。 参加登録する

architects_cover

3Dプリントモデルの建築業界における価値

もちろん、設計者は既にその設計が最善のソリューションであると確信を持っています。 これは、彼らが幾度となく設計を行い、そして幾つものオプションを試みており、そしておそらく、設計過程を通じて更に様々なバージョンのプロトタイプを作ってきたからです。 だから、今必要とされているのはボスもしくはクライアントにそれが最善のソリューションであると確信させることなのです。 通常、これらの設計プレゼンテーションの時間的に制限があります。 設計者は、設計のクオリティについてボスもしくはクライアントを確信させる機会は一度しかありません。 つまり、よりよいプレゼンテーションであるほど、確信を得られるものとなります。 従来の二次元の設計図やイメージ画よりも、3Dプリントモデルのほうがこの種のプレゼンテーションに最適なツールとなりうるのです。

Escher_final

3Dプリント・インポッシブル! エッシャーの世界をリアル3Dモデルで現実のものに。

このビデオは、今年8月にYouTubeでリリースされてから200,000回以上も閲覧されるヒットとなっていますが、私は一度同ビデオを見てすぐにその理由がわかりました! テクニオン(イスラエルの著名な技術学校)のリサーチャー達は、同校に導入しているObjetの3Dプリンタを活用してエッシャーのだまし絵をリアルな、手で触れることのできる3Dモデルとして再現しています。 特に興味深いのは、3Dプリントされた「Belvedere(展望台)」(下図)です。 これは1958年に初めて作成された2次元の絵画で、その原作の中でエッシャーは幾つもの柱に支えられた3つ長方形の建物を描いています。 これは一見誠しやかに見えますが、よく見ると手前側にある支柱が最上階の奥側を支えていたり、逆に奥側の支柱が手前を支えていたり…明らかなパラドックスがおわかりになるでしょう。 このパラドックスが、どのように巧妙に「現実」の3Dの世界へ再現されたのかをご覧ください。 このプロジェクトについてのより詳しい情報については、テクニオン コンピュータ・サイエンス学部Gershon Elber教授の「Escher for Real」プロジェクトをご参照ください。

olympics_cover

3Dプリンティング革命がロンドンオリンピックで最高潮に

多くの新記録を生み出した17日間にわたるロンドン・オリンピックも、今日の閉会式でいよいよ終了するとともに、そこから多少なりともインスパイアされずにはいられません。 私はソファーから立ち上がり、10年前より少々フきつくなった古いランニングシューズとタンクトップを身につけました。 私たちがここで3Dプリンティングについて言及しても、皆さんは考えにもおよばないでしょう。 実際のところ、私はゲームを見ているときに3Dプリンティングについて考えずにはいられません。 オリンピック・スタジアムの設計から始まり、アスリート個々に合わせてカスタマイズされた装備、更には四肢そのものをサポートすることまで、3Dプリンティングが既に使用されているエリアはちょっと考えただけで数多くあるのです。 ここに、3Dプリンティングがある役割を果たしているちょっとした例があります: サイクリング業界では更に、英国のチームが、オリンピックに出場するサイクリスト夫々用に カスタマイズされたヘルメットを着用することで有名でした。 これらのヘルメットは、夫々ライダーの頭部を3Dスキャンし、そして最終的にヘルメットがパーフェクトにフィットすることを3Dプリントで確認して作成されています。 3Dプリンティングを使ってユーザや着用者夫々の体系にぴったりフィットするユニークな形にカスタマイズされた装備を作成されているということはもちろん、オリンピックでも3Dプリンティングが活用されていることは明白です。 現在使用されている、もしくは使用される可能性のあるその他の例としては、テニスやバドミントンなどの手で持つタイプのカスタムデザインのラケット等があげられます。 補綴学 – 2歳のエマという女の子についての、心温まる話を読んだことがありますか? もしまだ耳にしたことがないというあなたに、ここで ご紹介.ご紹介しましょう。 エマは、静的位置へと腕の関節が固まってしまうという稀な疾患を生まれつきもっていましたが、彼女は最近、3Dプリンタを使って作成された カスタムメイドの義肢 – を取り付けました。 彼女は今や、自分で演楽器を演奏したり、色を塗ったり、自分でご飯を食べたりすることができるようになりました。 ゲームにもう少し近い話ですと、南アフリカのオスカー・ピストリウス氏の信じられないようなストーリーがあります。 彼は公に自身を投じ、四肢を失った者として初めてオリンピックで競技に出場し、歴史にその名を刻んだのです。 そして一方、ピストリウス氏のバイオエンジニア・カーボンファイバー義肢は3Dプリントされたそのものではありません(3Dプリンティング・マテリアルが、カーボンファイバーと同様に衝撃を吸収することができるようになるまでは)が、おそらく3Dプリンティングがそれを実現できるようになる日はそう遠くないでしょう。 事実、いくつかの会社は既に、非極限的なスポーツをする感覚において、手足の機能を失った方たちに パーソナライズされた義肢 を供給しています。