あなたのロボットはどこ?3Dプリンティングに注目!

3d printed robot jarvis

日常生活に溢れる些細で、繰り返し行わなければならない作業を、私達人類のためにやってくれる機械があったらどうでしょう?『2001年宇宙の旅』に登場するHAL9000はさておき、ロボット工学は、製造工程の改善(特に車の組み立て作業にて力を発揮)から宇宙探検に至るまで、ありとあらゆる分野で役に立っており、今日の社会ではとても有益な存在となっています。そしてほぼどんな形状や形式でも、アディティブマニュファクチャリングによって、ロボット工学はより効果的に、より革新的になってきています。即座にデザインのフィールドテストを実施できる機能的プロトタイプの制作や最終製品パーツの製造など、アディティブマニュファク … [もっと読む...]

Stratasys の3Dプリントを使用して作られた、高さ4mのキャラクターが
コミコンでうなりを上げる

bodock giant creature

  Stan Winston School of Character Artsのデザインの才能、Legacy Effectsのクリエイティブな専門技術、そしてStratasys 3Dプリントの3つが統合されると、何が得られるでしょうか?その答えは、ABCのジミー・キンメル・ライブでデビューしたばかりの、歩けて話せる高さ4mの巨大なクリーチャー、Bodockです。 Bodockは、カリフォルニア州サンディエゴで7月24日(木)~27日(日)に開催された、コミコン·インターナショナル 2014で公開されました。 Legacy Effects、Stan Winston Sc … [もっと読む...]

3D プリンティングが Barry Kudrowitz(マサチューセッツ工科大学卒業生)主催の UMN おもちゃ製品設計クラスで創造性を解き放つ

Playsentation

Mac Cameron 著 Stratasys アソシエートアプリケーションエンジニア Barry Kudrowitz(マサチューセッツ工科大学卒業生で発明家)が教鞭を取るミネソタ大学のおもちゃ製品設計クラスは、「PLAYsentations」 と呼ばれるイベントを毎年主催しています。 「PLAYsentations」とは、同大学の学生らが考案したおもちゃの劇場デモンストレーションとライブデモンストレーションを組み合わせたプレゼンテーションセットです。 学生らは、UMN キャンパスで最も高度なワークショップの一つであるデジタル製造ラボを活用して、3D プリンタ、CNC マシン、レ … [もっと読む...]

Stratasys、ワールドカップ決勝戦が
開催されたスタジアムを3Dプリント

ワールドカップ マラカナンスタジアム

リオデジャネイロのマラカナンサッカースタジアムは、元々1950年に開催されたワールドカップの主会場として建設されました。2000年以降、改修工事によって生まれ変わり、今回のワールドカップの決勝戦の舞台となりました。改修プロジェクトを手掛けたFernandes Arquitetos Associadosは、古いスタジアムを取り壊して新しく建設するのではなく、既存のスタジアムを改良することに決めました。 改修されたスタジアムは、78,838人を収容し、124,000 m2 の敷地面積で、2013年に完成しました。最も大きな改良点は、スタンドのデザインです。見やすさ、安全性、快適性など … [もっと読む...]

シリコンモールディング2.0 –
アディティブマニュファクチャリングによる
成型の合理化

Silicone mold with Stratasys PolyJet 3D printed pattern

様々な製造技術と同じく、シリコンモールディングにも3Dプリントを活用することが可能になり、製造期間の短縮と費用の大幅な削減に役立っています。 シリコンモールディングは、RTV  (Room Temperature Vulcanizing ) とも呼ばれ、比較的少ロットのプラスチック製部品を製造する場合に、効率的で経済的なソリューションです。 その工程は3ステップで、まずマスターモデルを作成から始まります。 これは通常、ウッド、金属またはプラスチックで作成されます。その後、型にシリコンゴムを注ぎ、モールドを作成します。 シリコンが硬化したら型を外し、モールドにウレタンを注ぎ込んで最終部品を … [もっと読む...]

少量ロットのパッケージ生産に最適な
3Dプリントされたブロー成形品

Plasel-TN

プラスチック製のパッケージは日々の生活に欠かせません。食品用、飲料用、医薬品用、ごみ箱など、あらゆるプラスチック容器があります。 一般的に、薄肉の中空のプラスチック瓶は、ブロー成形と呼ばれる工程により大量生産されます。 正確にキャリブレートされた金属製のモールドに熱した空気を吹き込み、中に配置された熱可塑性プラスチックをモールドの形へ変えるのです。 ブロー成形工程に付きものの熱と圧力のために、通常、大量生産では機械加工された金属製モールドが必要とされています。 しかし、少量ロット生産では、StratasysのPolyJetベースの3Dプリンティング技術を活用して、実際にモールドを3Dプリントす … [もっと読む...]

アディティブマニュファクチャリングが
日本経済の再生を刺激

Swany TN

長野に本拠を置く設計会社、スワニーは、単一製品への集中から広範囲な工業デザインサービスへと展開することにより、競争力を高めてきました。 同社の反復製品設計プロセスの主要な要素は、プロトタイプ部品の射出成形です。金型は、今もなお長期的な製造工程における選択肢ですが、その製造に何週間もかかり、費用が数百万円におよぶこともあります。 同社は、 StratasysのObjet260 Connex 3Dプリンタを使用し、3Dプリントされた安価なプラスチック金型「デジタルモールド」の製造を開始しました。この3Dプリント金型は数時間で製造され、試作品の成形を可能にし、設計サイクルのスピードが劇的 … [もっと読む...]

3Dプリンタで製品の市場投入を加速させる
アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ

製品のより迅速な市場投入が進むにつれ、より多くの企業が、従来の製造工程からアディティブマニファクチャリングへと移行を進めています。消費財メーカーのアイリスオーヤマは、ガーデニング、ヘルスケア、インテリア、オフィス、LED照明、ホームエレクトロニクスなど、毎年 1,000 以上の製品を出荷しています。 新製品を継続的に投下するということは、製品開発および出荷を加速させる方法を常に探しているということを意味します。 「解析や試作を外注する従来のプロセスでは、とても市場のスピードに追いつきません。しかし、3D プリンタがあれば試作を使ってそのスピードに乗っていくことができる」アイリスオー … [もっと読む...]

3Dプリントされたサッカーボールが
ワールドカップを祝う

3d printed soccer ball

ペレがサッカーを「美しいスポーツ」と呼んだとき、3Dプリンティングのことについては話していなかったかもしれませんが、この3Dプリントされたサッカーボールは見逃せません。 StratasysのパートナーProto3000は、Objet500 Connex マルチマテリアル3Dプリンターを活用してマルチマテリアルのサッカーボールを設計し、3Dプリントしました。Stratasysのマルチマテリアル3Dプリンティング技術により、硬質透明マテリアル (VeroClear)に、ゴムライクマテリアル (TangoBlackPlus)の縫い目の付いた五角形と六角形のパネルを作成しました。 モデルを造形し … [もっと読む...]

米国の制作会社「Legacy Effects」が、
Stratasysのマルチマテリアル3Dプリントで
ロボコップのスーツを作成

RoboCop helmet visor including striking red strip designed by Legacy Effects created on Objet Connex Multi-material 3D Printer

ヒーロー、悪役、モンスターなどにも、3Dプリンティング技術は大いに活用されています。 ハリウッドの特殊効果スタジオLegacy Effectsのケースをご覧ください。 同社は、「アバター」、「パシフィック・リム」、「アイアンマン」等、数々の大ヒット作のキャラクターにStratasysの3Dプリンティングを使用してきました。 今年の大作映画「ロボコップ」でも、3D プリンティングの成果が巨大なスクリーンで活躍します。 Stratasys の高精度3DプリンタObjet Connexのマルチマテリアルテクノロジーを使用して、ヘルメットからブーツに至るまでロボコップのスーツのあらゆる部分をマスター … [もっと読む...]